前へ
次へ

冷えから来る腰痛は、なぜ、冷えると痛くなる

冷えからの腰痛は、潜在的に、誰しもが起こり得る内容です。人の生理反応の中には、寒い環境に置かれると、熱を逃がさないように血管が細くなる仕組みがあります。血管の面積を少なくすることで、外部と触れる場所を少なくさせ、熱をできるだけ逃がさない仕組みです。ただし、その状況は長く維持し続けると、体全体の血流が悪くなり、腰痛の原因にもなります。特に、寒い時期は、体を動かしたくない気持ちも高まりやすく、腰だけがあまり動かさない状況も現れやすくなるでしょう。もちろん、寒くなれば、筋肉や血管は固まりやすくなり、腰に疲労物質が溜まりやすくなります。冷えによる腰痛は、患部を温めると、一時的に改善できる場合もありますが、体質として痛みが生じやすい姿として、身に付いている可能性もあり医療機関でしっかり診てもらうのも大切です。冷えからくる腰痛は、季節などの特徴として甘く見てはなりません。固まった患部は、他の場所にも負担を与えている可能性もあり、ヘルニアなどの原因にもなってしまいます。

Page Top